ある日メールが来なくなった

異変に気づいたのは11月半ばのこと。購読している有料メルマガが、気がついたら1週間くらい来ていない。最初は、それを書いている人の身の上に何かあったのではないだろうか、とか、たまには休みたくなることもあるよなあ、とか、あくまでも相手の側に原因があると解釈していた私。しかしさすがに一週間も有料メルマガ(基本毎日配信)がこないと心配になってきて事務局に問い合わせた。


異変はさらに続く。うちでは身に覚えがなければ一切アポなし訪問には答えもしない。身に覚えとは、オフィスデポで文房具を注文しただとか、amazonで書籍を注文しただとかのことだ。最近では本を買うのは書店よりamazon、以前の立ち読みは、amazonで書籍を検索し、レビューを読むことに成り代わっている。amazonで注文すると、注文受け・発送の連絡がくるので、いつ荷物が届くのかも予定できる。しかし、先日いきなりamazonから注文した書籍が届いた。前なら、「発送のご連絡」が必ずあったはずなのに、今回はそのメールを受け取っていない。

「amazonも、たまにはそういうことだってあるよね」

あくまで、人のせいだと思い込む私。


さらにさらに異変は続く。最近衣料費ってものすごくデフレ傾向じゃない?それもそのはず。バブル世代で昔はブラウス1枚に20000円、パンプス1足に40000円払っていた私だって、今ではユニクロのファン。それどころかg.u.が出来てから、ユニクロの服でさえ高いと感じるようになっている。実に私的に服代は、昔の10分の1くらいまで安くなっている。


そんな私が楽しみにしているメルマガはもちろん週2~3回届くユニクロとg.u.のメルマガだ。ファッション雑誌だって買わなくなって、ネットでtarzanのサイトを見る程度となっている最近では(以前は目に入る限りのファッション雑誌を毎月買ってきて、ご丁寧に切り抜いてスクラップブックを作るのが趣味だったのだ)ユニクロのメルマガが唯一のファッションに触れる機会だ。


しかしそのメルマガも、来ない。11月半ばくらいに最後のメルマガを見たような気がする。


おかしい。


ついに事の重大さに気がついたのは、今年の仕事も終わった11月24日頃。そういえば、11月26日スタートの、いつもならうるさくメールが来る、ミステリーショッパーの調査概要も、全然来ないじゃん。


やっぱり、おかしい。


さらにこないだ応募した、区のスポーツセンターの教室応募の返答も来なかったのだった。電話して尋ねたら、こちらから送ったメールは届いていた。記載したアドレスも正しかった。


つまり、メールの送信はできるけれども受信に問題があるらしい。ということに気づいた。


つまり受信に問題があるということは、それはプロバイダーの責任だ。だから、プロバイダーに電話をした。そういえば9月頃に私の利用してるプロバイダーは別の会社に買収された。その引き継ぎ過程で何かあったか、もしくは別の会社になったので、ウイルス対策みたいなものがえらく厳しくなったんではないか?というのが私の推理だ。


プロバイダーの電話は一発で繋がり、私はこの緊急事態を切々と説明した。

思えば、11月25か26日に開催されるテレビ番組視聴モニターみたいな調査にも応募していたのだ。あれは3時間半くらいの拘束で1万5000円ももらえるから、実に割のいいバイトだと感じていた。応募して、返事がないから落選した、と思っていたのだけど、これだってわからないじゃないか。1万5000円もらったら、帰りに好きなだけユニクロの服を買って帰ろうと思ってたんだぞ。


私の話を聞いたプロバイダーの人は、とくに驚いた様子もなく、原因究明の手順を説明してくれた。いくつかの操作を順調に進めるうちに、原因は発覚した。


ようするに、プロバイダーから提供されているメールの容量を超えていた。そのために、容量超え後に届いたメールは受信できなくなっていたというわけだ。

このプロバイダーから提供されているメール容量は1アドレスあたり20MB。gmailの無料容量は1アドレスあたり7525MBだから、その小ささは群を抜いていると思う。

しかも、別のアドレスだけど、仕事用のアドレスだってこのプロバイダーのものを利用しているのだ。もしこれが、個人用のアドレスではなく仕事用のアドレスで容量オーバーになっていたとしたら、一年に一番の繁忙期で、私にメールくれる人はみんなが大慌てな時期。そんなときにメール容量オーバーで受信できませんでした、なんて笑い話にもならない。


しかし謎はもう一つ残る。昔使っていたアウトルックエクスプレスでは、「サーバーにメッセージを残さない」みたいなボタンがあって、それにチェックを入れていたからこれまで何年間も今回みたいな事態に至らなかったのだ。なんで今回。どうやら7月くらいからの5ヶ月間で20MBに到達してしまったようなのだ。


7月と言えば、怪しいことがある。前のエントリーにも書いた通り、今年はパソコン周辺の変化が甚だしい年だった。gmailに変えたのが4月。新しいパソコンになったのが7月。プロバイダーが買収されたのが9月だ。

7月以降サーバーにメッセージが残るようになったとすれば、怪しいのはgmailではなくプロバイダーでもなく、パソコンの側だ。gmail以外のメールソフトを使っていないのだけど、新パソコン導入でXPが7になった。7にはアウトルックエクスプレスが入っておらず、よくわからないメールソフトが同梱されている。なので無視して使っていなかった。


で、慌てて「gmail サーバーにメッセージを残さない」みたいな言葉を入れて検索してみると、どうやらgmailにはそういう機能が入っていないということのようだ。

そりゃそうだ。7525MBも容量あるんだもん。4月から使ってたって、まだ1%(92MB)しか使ってないもん。よほどのヘビーユーザーでない限り、サーバーにメッセージが残ろうが残るまいが、関係ないということなのだろう。


4月にgmailにして、その便利さに気をよくして

「そうか。メールは削除するものではなく、アーカイブするものなんだ」

とか思っていた私は、いつしかどのアドレスに届いたメールもgmail.comに来たメールのような気がして、まったく意識していなかった。しかも途中でパソコンが変わるという事情もあった(これは本当に関係あるかどうかは未解明)。


しかも、こういうのが鬱病にならない性格らしいのだけど、私は基本的に何か問題があると全て人のせいにする。

それに加えて、「仕方ないよねえ」みたいなおおらかなところもある。だから発見が遅くなった。

これが仕事用のアドレスの方だったらどういうことになってたんだと、考えるだけでもぞっとする。


一つずつのメールの容量を確認してみると、仕事で使うメールなんて全然容量がなくって、ユニクロのHTMLマガジンとかがやたらと大きいのだよね。迷惑メールも迷惑だけれども、容量自体は小さいものが多い。


えらく初歩的な間違いだとは思うのだけど、同様のことがあったら皆様も、少しは自分の容量のことを気にしてみてね。

 

2010/12/01