消費生活アドバイザー二次試験論文テーマ分析

消費生活アドバイザー二次論文試験の過去問20年分を分析。頻出テーマを1位~30位まで全37テーマ抽出しました。

このテキストを読めば、出題頻度の高いテーマは何か、科目横断的に出題されるテーマは何かがわかり、優先順位を考えながら論文の学習を進めることができます。

■特徴■

・1991~2014年本試験問題を徹底分析

 

・頻出テーマ1位~30位(出題回数が同じものがあるため全37テーマ)を分析しました。

 

・対象者は今年度に消費生活アドバイザー二次試験を受験される方、受験を目指す方で、科目横断的な「一粒で二度おいしい」テーマを優先的に効率よく勉強することを目指している方です。

 

・各テーマについてのテキストの構成

(1)過去の出題:当該テーマが何年にどの科目から出題されたかをまとめています。

(2)傾向と対策:出題の傾向と対策をまとめてあります。

(3)想定キーワード:当該テーマに関わるキーワードを挙げています。それぞれについて論点を持てるかがポイントとなります。

(4)科目ごとの料理法:過去に2科目以上にわたって出題されたテーマについてこの項目を設けています。同じテーマでも出題科目によって論点を変えなければならない場合もあります。

(5)情報収集源の例:できるだけ新たな書籍等を買わなくても利用できる、標準的な受験生が持っているであろう、またネットで検索して見られる資料に限定して情報収集源を提示しています。

 

・A4サイズ・58ページ

・作成時期:2014年10月

 

■金額と購入方法■

4500円

下記のフォームからお申込みください。

 

《返品について》

商品の性質上、発送後の返品・キャンセル等はお受けしていません。ページ抜けなどの欠陥があった場合には対応いたします。

特定商取引法の表示

 

 

教材の序文です
mihon.pdf
PDFファイル 56.6 KB

ご購入はこちらから